横須賀の治安・犯罪率

横須賀は神奈川県の海側に位置する都市で、多くの人々が暮らしている街です。人口密度は1キロ平方メートルあたりに6010人と、神奈川県の平均4000人に比べても比較的多い方で、一般的に「住みやすい」という印象があります。あるネットの調査によると居住者の実感としては5点満点中、3.5点と、これも比較的高い数値となっています。

ただし人が集まるところでは、それなりにトラブルも起きやすいという現実があります。

横須賀の治安はどうなの?

山・海が近くにあることから、都市部にしては自然が豊富で、くつろいだ雰囲気がある横須賀。道路にもゴミの散乱はほとんどなく、町全体に美化の意識が行き届いています。

ただし、これはあらゆるベッドタウンに共通した特徴ではありますが、近隣との交流が少ないのはひとつの短所かもしれません。仮に天災などの災害に見舞われた場合も、「近所」という概念が機能していない都市では、孤立してしまう人が少なくありません。

もちろん、その他のトラブルに巻き込まれる危険も多く、頼れる弁護士や法律事務所を見つけておくのは必須でしょう。幸い数は多いので近隣で必ず一軒は見つかるはずです。

具体的なトラブルの例としては、どうしても自転車の通行量が多い街のため接触事故や盗難の発生件数は多め。気を付けて生活していても、無縁でいられることではありません。

横須賀の犯罪率はどれくらい?

犯罪率はそこまで高くありません。およそ0.89%と、全国的な平均から見ても0.01%低いくらいです。ただし、神奈川県は犯罪率が全体から比べて0.1%以上高い都市でもあります。トラブルの予感があれば、近所とも連携して被害を防ぎたいところです。