弁護士が対応できる法律問題

トラブルに巻き込まれたとき、それが自分だけで、あるいは仲間の助けを借りてすべて解決できる問題ならいいですが、中には厄介な事件に巻き込まれることもあります。庶民的なレベルで言えば、大体は「離婚」や「交通事故」がその代表例となってくるでしょう。

「離婚」で弁護士の助けを借りてもいいか?

男女間の問題というのは、ほとんどの場合、こじれます。特にそれが、養育費や何やらとお金が発生する離婚にまで発展してくると、泥沼の様相を呈す場合も少なくありません。

「でも弁護士さんの助けを借りるのも、なんだか大袈裟かな…」

そんな風に感じて、迷ってしまう方も少なくないようです。

トラブルの気配を感じたら、早めに弁護士に相談することをおすすめします。とりわけ離婚は専門的に扱っている法律事務所も多いくらいで、庶民的な事案を扱う弁護士にとっても歓迎です。実際、「慰謝料の額を*万円増額させられます!」と謳う事務所もあります。

他にも、「交通事故」。これも厄介な問題に発展する場合があります。状況によって、過失の割合が、当人にはどうにも納得できないことも。法律とは冷淡なもので、被害のレベルや、こちらの実情にそぐわない裁定を下してくることも多くあります。そんな際には、やはり弁護士を頼ってみるべきでしょう。相談料は十分賄えるくらいのお金が取れますよ。

弁護士といえば、ドラマや映画の影響で、なんとなく重い事件ばかりを扱っているような印象があります。しかし、実際そうした刑事事件を得意とする法律事務所の数というのは決して多くありません。たとえば横須賀のような比較的郊外の街では、どちらかといえば地域密着型の庶民的な弁護士さんも多いことを、よく覚えておくといいでしょう。